9月 072010
 

eFX STORMTROOPER HELMET (1)の続きです。
eFX製のEPISODE V ストームトルーパー メット用のスタンドが完成しました!


<斜め前から>


いかがでしょうか?
ネームプレート部分は、MR製メット用スタンドと同じ形状にしいています。


<スタンド正面から>


こんな感じですが、この写真だと分かりづらいですかね?
スタンドだけをMR製のと並べてみると、


<スタンド比較>


左がMR製の純正。こうやって並べてみると、不満箇所も出てきますが、まじまじと比べる訳でも無いし、ぱっと見同じ感じなので、良しとします。

 
で、どんな感じで作ったかを簡単に紹介します。
まず、土台のネームプレート貼付け部分を複製するための型をシリコンで作ります。


<プレート貼付け部の型作り>


この角度の写真じゃ、良く分からないですかね?
よーは、ネームプレート貼付け部分をブロックと粘土で囲んで、シリコンを流して型を作ります。
土台全部の型を作る事も考えましたが、スタンドの分解が容易でなかったのと、材料費を考慮してこの方式にしました。
土台本体部分は、厚さ200mmの板を直径180mmの円に加工してもらい、ヤスリをかけて本物と同じ様なカーブをつけます。
ヤスリがけの作業があまりにも大変で、職人さんになった気分でした。「やっぱ、土台全体の型を作れば良かったかな?」と何度も思っちゃいました。
最後は面倒くさくなって、かなり妥協しました(笑)。


<型と完成部品>


左が型で、右が完成部品。
型に土台本体部分を固定して、粘土等で隙間を埋めて、キャストを流し込んで作りました。


プレートは、こんな感じです。


<プレート>


MR製のプレートを参考にして、ネットからロゴ素材をみつけてきて作成しました。
MRのロゴをeFXのロゴに変えてます。勝手にLinited Editionにしています。一応限定生産との事なので(笑)。
A-ONEの金属プレート風の用紙に出力したものをアルミ板(0.4mm厚)に貼ってます。
プレートの作成方法やその他の部分は、やまなんさんのブログを参考にさせて頂きました。
やまなん先生、ありがとうございます!

 
てな訳で、ストームトルーパーのメットをきちんと飾れる様になりました。部屋でどんな感じで飾ってるかは次回アップ予定です。

 
Remember,the Force will be with you…always.

 

コメントの入力欄は、記事のタイトルをクリックするか、記事右上の「No Responses(コメントがある場合、Noの箇所はコメント数)」を押すと、記事の後に現れます。
Name, E-mail, Your Commentを入力願います。入力したE-mailアドレスは当サイトの管理者のみ確認可能です。気軽にコメントお願いします。

 Posted by at 12:03 AM

  6 Responses to “eFX STORMTROOPER HELMET ESB (2)”

  1. […] る方向で分かりづらい写真だな。。。) <プレート> プレートの作り方はeFX STORMTROOPER HELMETのスタンド作成の時と一緒です。メーカのロゴは変えてますが(笑)。   で、この棚板で […]

  2. […] <スタンド土台(レジン)> 土台より上の構造は、以前作ったコチラと同じです。 […]

  3. はじめまして。

    最近efxのANH版のトルーパーヘルメットを入手し、プレートを自作してみようと思ったのですが、
    episode ivの部分や、Stormtrooper Helmetの部分のロゴがなかなか見つかりません。
    どのようにして入手するか教えていただけないでしょうか?
    よろしくお願いします。

  4. >cb303さん
    はじめまして!
    ロゴマーク以外の文字はイラストレータで使用できる標準のフォントを使っています。

  5. そうなんですか!
    それではぜひ作成したみたいと思います。
    ありがとうございました。

  6. […] プレートの寸法に合わせて切って、プレートを貼って完成。 プレートの作り方はeFX STORMTROOPER HELMETのスタンド作成の時と一緒です。メーカのロゴは変えてますが(笑)。あれ?デジャブ? […]

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>