7月 202010
 

先週末は工作の方があまり進まなかったので、過去に購入した商品の紹介をします。

Master Replicas製のFX LIGHTSABERです。


<光ってるのが分かる様に少し暗くして撮影>

 
EPISODE Vダース・ベイダールーク・スカイウォーカーの二本を所有しています。EPISODE Vで、ルークの腕を切ったセイバーと、切られた腕と一緒に落ちていったセイバーです。コレクションとしてなかなか良い選択だと思いませんか?ちゃんばらにも最適ですし(笑)。

両方ともヤフオクで安価で手に入れました。特にルークの方はLEDが数個点灯しない物を激安で購入して、自分で修理しました。今は何の問題もなく光ってます。
最初、分解方法が分からず悩みましたが、分解方法が分かれば割と簡単に直せます。修理の方法は記載しませんが、電気製品の分解修理が得意な方は、点灯不良品を安く購入して自分で修理するのも良いかもしれません。(※もちろん自己責任で)

購入後、月一以上のペースで、部屋を暗くして電源を入れて振り回してます(笑)。STAR WARSの世界に浸れる良い商品ですよね。

 
Remember,the Force will be with you…always.

 

コメントの入力欄は、記事のタイトルをクリックするか、記事右上の「No Responses(コメントがある場合、Noの箇所はコメント数)」を押すと、記事の後に現れます。
Name, E-mail, Your Commentを入力願います。入力したE-mailアドレスは当サイトの管理者のみ確認可能です。気軽にコメントお願いします。

 Posted by at 10:16 PM

  6 Responses to “MASTER REPLICAS FORCE FX LIGHTSABER COLLECTIBLE”

  1. 私もベイダーとルーク(EP6バージョンですが)を所有してます。
    ベイダーは最近電池を入れるとブレードの真ん中辺だけが光っちゃうんですよね。これも直せますかねぇ。

  2. >ぼばさん
    正しく分解が出来れば、修理は可能だと思います。
    但し、故障箇所によっては、修理の規模が変わってきます。
    ブレードの中身ですが、紙製の基盤にLEDと47Ωの抵抗が並んでるものが半透明の棒状発砲スチロールにささってます。LEDや抵抗の故障や接触不良であれば、その箇所を交換すれば良いですが、基盤が紙でこげやすいので注意が必要です。また、この紙製の基盤の方が断線してる場合、紙基盤毎の交換になります。eBay等の海外サイトで売ってるのを見た事があります。
    あ、そうそう修理を検討される前に、電池を全て新しい物に交換するのと、電池BOXの接触確認はしてみて下さいね。どこかで、電池交換したら、きちんとついたと言う記事を見た記憶があります。

  3. ありがとうございます。
    素人の私にはちょっとムリっぽいですね。やめときます。
    ちなみに電池は交換したときに気が付いたので原因はそれではないと思います。もっとも電池ボックスの接点の確認はしてないのでそれだけ見てみます。

  4. >ぼばさん
    そうですね、ハンダ付けが苦手な方にはLEDや抵抗の単体交換はおすすめできないです。
    (壊れて全く点灯しなくなっても良いと言うのであれば、試してみても良いですが)
    オススメはブレード内部の紙基盤毎交換ですね。(部品はebay等で購入出来ると思います。)

  5. 初めまして。
    20161月にアナキンep3のマスターレプリカ社のライトセーバーを購入したのですが、LEDや音、センサーは問題ないのですが、ブレードに衝撃を軽くあてると(手で)たまに音が小さくなったり、スイッチ触ってないのに勝手に消えてすぐシュイーンと音がなり起動したりします。
    たまに半分まで光がついて止まったり再度ブレード部叩くと、正常になったりします。
    これってセンサーなんでしょうか。わかりますか?
    一応調べてはいるのですが、そういった症状ものってなく、調べているところです。
    おわかりであればご伝授願いたいです。
    修理依頼ができなさそうなので自分修理になりそうなので。
    分解等のサイトは確認しております。

  6. >shauraさん
    blog訪問ありがとうございます。

    上記の様な現象は接触不良や電圧不足で見られると思います。
    簡単に確認できる範囲では、電池の交換、電池BOX部分の接触確認でしょうか?

    もちろん、その他の部分の接触不良や部品の故障でも起きる現象なので、
    説明だけでは故障箇所は特定できませんが。。。

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>