4月 282017
 

やっと時差ボケが解消された様です。昨日迄、帰宅したら眠くてブログ書ける状態ではなく、早く寝て夜中に目が覚める感じでした。ども、ABです。
面白い様に日々眠くなる時間が後ろにずれていく感じでした。私の場合、時差が12時間以上ある国に行くと、時差ボケが治るのにいつも一週間くらいかかってしまいます。。。

さて、今回はアメリカ入国の話から(今後、行く人の参考になるかな?と)。
オーランドへはシカゴ経由で行きました。「ESTA更新したので入国審査に普通に並ばなきゃなんだよなぁ。。。シカゴでの乗換時間が2時間無いので乗り継ぎ大丈夫かな?」とか思っていましたが、AM9時前シカゴ着だと入国審査が空いてて、並ぶ事無く、すぐ終わりました。(この時間帯良いです。メモメモ)但し、混んでないからか、色々聞かれました(笑)。観光で来たと言っているのに、仕事何してるの?とか(笑)。まぁ、最近になって、入国審査で何聞かれても全部分かる様になってきたし、動じなくなってきました。10年くらい前に初めて仕事でアメリカ行った時は、英語全然駄目だった事もあり、冷や汗ものだったんですけどね。一般的な、「滞在期間は?」とか「何処に宿泊するの?」とかだけだと想定していたのに、並んだ列が悪かったらしく、それ以外にも色々聞かれて、滞在するホテルや訪問先の会社のレター見せても終わらず、さらに「IDになるもの見せて」って言われて。「え?ID?パスポート見せてるのに、他に何を見せれば良いんだ?」ってパニくって、日本の自動車免許だったり社員証だったり見せて、「日本語だと分からない」って怖い顔で言われて。。。結局、英語名刺を渡すのが正解だった。

さて話を戻します。
入国審査が終わると、荷物をピックアップしに行きます。手荷物受け取りが優先だった事もあり、すぐ出てきました。(手荷物受け取りの優先も結構良い特典だなぁと思い始めた今日この頃)荷物をピックアップ後、税関へ。税関申告が終わったら、荷物をすぐ近く(右側)のUAのカウンターに持って行きます。荷物を渡すとバーコードを読んでくれて、乗り継ぎの便の出発ゲートを教えてくれます(因みに、帰りは荷物のピックアップ不要でした)。その後は、ターミナル間シャトル(電車)に乗ってターミナル移動して出発ゲートへ(※搭乗口は頻繁に変更になるので、都度掲示板をチェックして下さい)。事前に調べて分かっていたのもありますが、シカゴでの乗り継ぎは、とても分かりやすくて楽だと感じました。

その後、オーランド行きの飛行機に搭乗。アメリカの国内線はスナックと飲み物をもらう以外は暇なので爆睡。起きたら、オーランド到着!

今回のオーランド旅行の前半は、ディズニーのホテルに宿泊だったので、空港からは専用のバス(マジカルエクスプレス)に乗ります。荷物をピックアップして、マジカルエクスプレスの搭乗口に向かいます(簡単に分かります)。搭乗口近くに係の人がいるので、事前の予約情報を渡すと、各ホテル毎にあるレーンに並ばされます。


<Magical Express lane>


すぐに来ました。こちらがマジカルエクスプレス(色んな柄があります)


<Magical Express>

いつでも撮れると思って、ちゃんと撮ってなかった。。。

45分くらいでホテルに着きます。WDWってスケールでかいなぁと思いながら景色を見ていたらすぐです。で、こちらが今回宿泊したPOP Centuryです。


<POP Century (1)>


ホテルの正面には、1950〜1990の文字がその時代を思わせるデザインで!


<POP Century (2)>

こう言うの見ても思うんだけど、やっぱり1970年代のデザイン好きだなぁ。

フロントには、世代毎に懐かしいグッズが展示されていました。


<POP Century (3)>

スター・ウォーズ物もいくつか


<POP Century (4)>


<POP Century (5)>


ディズニー直営ホテルなので鍵はマジックバンドです。


<MagicBand>

これ、便利です!ルームキー、パークチケット、クレジットカードになるので、持っていくのはスマホだけ。ファストパスもアトラクションの側に行く事なく、スマホで申し込み。それからフォトパスもこれで登録。ちょっと高いかもだけど、メモリメーカー申請すれば写真ダウンロードし放題。カメラマンも沢山いるのでいっぱい撮ってもらえます。

次回は、ディズニー ハリウッド・スタジオについて書こうと思います。

ではでは、またね。

 
Remember,the Force will be with you…always.

 

コメントの入力欄は、記事のタイトルをクリックするか、記事右上の「No Responses(コメントがある場合、Noの箇所はコメント数)」を押すと、記事の後に現れます。
Name, E-mail, Your Commentを入力願います。入力したE-mailアドレスは当サイトの管理者のみ確認可能です。気軽にコメントお願いします。

 Posted by at 12:25 AM

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>