5月 222012
 

ファンキーだろぅ? ABです。

さて、Han Solo Blasterと同時進行で作成していた、タスケン・マスクの状況報告です。

えーと、どこまで記事にしてたっけ?作業優先でブログは後回し状態だったので、分からなくなってしまいました。(過去記事を読んで、)そっか、マスクの土台が量産出来る様になったところまででしたね。

バキュームフォームでマスクの土台を量産します。


<土台量産(1)>

量産生産は内職している気分になります。あ、内職した事なんて無いんだけどね。

穴を開けて、ホットボンドで接着。マスクの土台を三つ作ります(とりあえずね)。


<土台量産(2)>

この間抜けな感じ結構好き。これを元に何かオリジナルキャラを作ろうかしら。

続いて、頭頂部のパーツを作成します。過去の作成同様、プラ板でヘルメットを作ります。
プラ板で作成した短冊にドリルで穴を開けます。


<ヘルメットパーツ>

これをリベットで固定。


<ヘルメット骨組み>

こちらも量産。


<ヘルメット骨組み量産>

出来たメットの骨組みをテーピング。


<ヘルメット>

これにポリパテを盛ります。あれ?写真撮ってないや。。。タイムリーに記事にしないと、こう言う事が起きます(笑)。ちなみに、コチラと同じ感じです。
うーん、骨組みをしっかり作れば、ポリパテいらないかも。。。(くさいし)

続いて、レジン部品の塗装です。そうです、塗装です。
こんな感じで、パーツ自体は既に作っていました。


<レジンパーツ量産>

サーフェイサーを吹いて、タミヤのスプレー(アルミシルバー)で塗装しました。


<レジンパーツ塗装>

表面処理を殆どしていないので、傷だらけ&ボコボコですが、良い事にします。

で、部品が揃ったところで組み立てます。
マスクの土台に焦げ茶の合皮を貼って、
レジンパーツを接着orネジ止めして、
マスクパーツとメットパーツをリベットで固定、
さらに、今回は側面をプラ板をリベット固定して作成しています。


<組立>

何か、この状態でも格好良いなとか思った。プラ板&リベットでオリジナルキャラのマスクを作成しても良いカモ?

続いて、口周りの革を貼ります。
前回作成のキットに付属していた物はベルト状のまっすぐな物でしたが、今回はマスク形状に合わせて、こんな感じでカーブしている物を作って使用。


<革パーツ>

で、革を貼り終えた状態


<革貼り>


この状態も何か好き。

これに麻布を巻き、マスク部分は完成。


<マスク部分完成>

正面から見ると、こんな感じ。


<前から>

ちょっと、頭が大きくなっちゃったかな?
あと写真では分かりにくいけど、布はもう少し柔らかめのを選べば良かった。
革の部分は前回作成のよりも良い感じ。いぃ〜ねっ!

ちなみに、こちらも水分3で展示予定。

まだ、続く。。。

 
Remember,the Force will be with you…always.

 

コメント頂けると喜びます。
コメントの入力欄は、記事のタイトルをクリックするか、記事右上の「No Responses(コメントがある場合、Noの箇所はコメント数)」を押すと、記事の後に現れます。
Name, E-mail, Your Commentを入力願います。入力したE-mailアドレスは当サイトの管理者のみ確認可能です。気軽にコメントお願いします。

 Posted by at 12:09 AM

  2 Responses to “Tusken Raider mask (3)”

  1. なんと!倍バインのように増産されてますねぇ^^
    それでいてクオリティ高いとか素晴らしすぎます!!

    そして何やら気になるプレゼント企画・・・これからじっくり記事拝見させていただきます^^

  2. >ピコさん
    クオリティは高く無いですよ〜。
    写真撮影でごまかす。それがABクオリティ。

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>