8月 172011
 

おす!最近、工作の進捗が比較的順調なABです。

さて、今回は、前回投稿に記載の通り、以前作成したDL-44のスタンドを作成します。底面ミラー+アクリルのスタンド+アクリルケースが理想ですが、時間がかかりそうなので、9/24(土)の水分農場組合総会の展示のために、暫定簡易版を作成します。

 
まずは、ホームセンターに9mm×400mm×200mmの板が売っていたので、これを9mm×400mm×120mmにカット。
そして、1.5mm厚のアルミ板を適当な寸法に切って、ぐにょっと曲げて、ネジ止め用の穴をドリルであけます。
それらを木ネジで固定してスタンド部分が出来ました。


<スタンド部分>


 
うーん、説明同様、実物も適当(笑)。もうちょっと丁寧に作れば良かったかな。。。
次に、プレート部ですが、100均で購入したカードスタンドを切って作成しました。


<100均のカードスタンド>


 
カードスタンドをプレートの寸法に合わせて切って、プレートを貼って完成。
プレートの作り方はeFX STORMTROOPER HELMETのスタンド作成の時と一緒です。メーカのロゴは変えてますが(笑)。あれ?デジャブ?


<完成>


 
ちなみに、底面ミラー+アクリルのスタンド+アクリルケースの作成も検討中。いつになるか分かりませんが。

 
今回紹介した作品を展示予定の水分農場組合のページは、下のバナーをクリック!

 
さて、次は、何を作ろうかな?やっぱ、アレかな。うん、もう一つのストームトルーパーブラスター用の大型スタンド。
ほんならね〜

 
Remember, the Force will be with you…always.

 

是非、気軽にコメントお願いします!
コメントの入力欄は、記事のタイトルをクリックするか、記事右上の「No Responses(コメントがある場合、Noの箇所はコメント数)」を押すと、記事の後に現れます。
Name, E-mail, Your Commentを入力願います。入力したE-mailアドレスは当サイトの管理者のみ確認可能です。

 Posted by at 7:33 PM
5月 052011
 

どもどもども。
今日は、ゆっくり工作する時間があったので、一気に塗装を進めます。

今回は金属感を出したかったので、Mr.メタルカラーなるものを使ってみました。塗装後に磨くと金属っぽくなるからエアガンの塗装に良いとの記事をどっかで読んで気になってたのです。普段はタミヤのアクリルカラーを使っていて、Mr.COLORは今回が始めてです。慣れてないせいだと思いますが、正直使いにくかったです。。。

まず、つや消しブラックを強めに塗って、完全に乾いた後、メタルカラーのアイアンを塗ってみました。フラッシュハイダー部分は、下地のつや消しブラック無しでメタルカラーのアイアン。


<アイアン色>


薄く塗ったので、磨いたら下地が出て黒っぽくなってくれるかな?と思ったのですが、塗料が思ったより強く定着していて光沢は出ますが色はあまり変わりません。
使う色、間違っちゃったみたいだね〜。
次回、銃を塗る時は、素直にエアガン塗装用のスプレーを使ってみようっと。

その上から、つや消しブラックを薄く吹いて行きます。それっぽい色になったところで、トップコートして、組み立ててこんな感じ。(飛ばしすぎ?)


<表>


ちなみにグリップは手塗りです。

で、裏はこんな感じ。


<裏>

うーん、
メタルカラーの効果があったのかな?
トップコート、いつも上手く出来ないな〜。
等の反省点はありますが、撮影でそれなりに見せるのが、ABクオリティー(笑)
一旦、完成とします!

気が向いたら、汚し塗装をして、スタンドとプレートを作成します。

ではでは、またね〜。

 
Remember, the Force will be with you…always.

 

是非、気軽にコメントお願いします!
コメントの入力欄は、記事のタイトルをクリックするか、記事右上の「No Responses(コメントがある場合、Noの箇所はコメント数)」を押すと、記事の後に現れます。
Name, E-mail, Your Commentを入力願います。入力したE-mailアドレスは当サイトの管理者のみ確認可能です。

 Posted by at 9:56 PM
5月 052011
 

どもども。
製作中のグリードキラーですが、そろそろ完成させたいので、ペースを上げて行きます!

気になるところを修正しながら、パテ盛り&ヤスリがけを繰り返して行きます。
前回からの主な修正点は、以下の写真参照


<主な修正点>


(1)フラッシュハイダーを一回り大きくしました。
(2)ネジパーツを埋め込みました。
他にも細かい修正をしていますが、写真では分かりにくいので省略。

裏はこんな感じ。ちゃんと出っ張りや溝も作成しています。


<裏>


で、とりあえず納得いく感じになったので、サーフェイサーをシュッ!


<後は塗装!>


もうすぐ完成です!
長い事かかったので、カテゴリ分けしてみました。

ではでは、またね〜。

 
Remember, the Force will be with you…always.

 

是非、気軽にコメントお願いします!
コメントの入力欄は、記事のタイトルをクリックするか、記事右上の「No Responses(コメントがある場合、Noの箇所はコメント数)」を押すと、記事の後に現れます。
Name, E-mail, Your Commentを入力願います。入力したE-mailアドレスは当サイトの管理者のみ確認可能です。

 Posted by at 1:11 PM
4月 202011
 

ども。おひさ。
一ヶ月以上、更新してませんでした。すいません。
作業をしてなかった訳では無いんです(相変わらずマイペースではありますが)。
地味な作業が多かったので、まとめて更新しようと思って。。。
ざっと作業内容を紹介していきます!

まずは、モーゼルで言うとマガジン収納部にあたる箇所についているヒートシンク(放熱部品)?の作成からです。

2mm厚のプラ板で放熱板(出っ張る部分)を11枚、溝の部分を10枚作ります。


<地味な作業で作成>


それらを交互に接着していきます。ちなみに、後から溝を深くしているので溝の部分の短い辺は写真の半分の長さで良いと思います。


<外側が合う様に接着>


完成した物を本体に接続してみると、


<こんな感じ>


まずまず。

次は、本体側面の加工です。改造前のエアガンはマガジンの部分に段差がありますが、プロップは平なので、凹んでいる箇所に0.5mmのプラ板を重ねて貼ります。


<本体の形状に合わせてカット>


それらを貼り重ねる。


<溝もちゃんと作る>


次にグリップの溝を掘ります。プロップは溝が細かくたくさん入っているので、アルミ板をガイドにして、Pカッターで沢山溝を掘ります。


<グリップの溝彫り>


一通り部品が出来たので仮組してみました。


<仮組>


いかがでしょうか?
仮組の都合上、立てられないため、撮影方向が下部からになり、プロップの写真とは雰囲気が違う様に見えますが、それなりのバランスだと思っています。

今回はこんなところで終了。
あとは、細かいディティールの追加→パテ盛り→やすりがけ→サーフェイサーを吹く→塗装
って感じです。4月末までには一旦完成させたかったのですが5月の連休に完成かな?

ではでは、またね〜。

 
Remember, the Force will be with you…always.

 

コメントの入力欄は、記事のタイトルをクリックするか、記事右上の「No Responses(コメントがある場合、Noの箇所はコメント数)」を押すと、記事の後に現れます。
Name, E-mail, Your Commentを入力願います。入力したE-mailアドレスは当サイトの管理者のみ確認可能です。気軽にコメントお願いします。

 Posted by at 12:00 AM
3月 172011
 

ども。お久しぶりです。
Greedo Killerの進捗状況をアップします。
前回からの続きでスコープと本体の接続部分の作成です。


<何作ってるか分かりますか?>

(1)直径24mmの樹脂製のパイプを5mm厚にカットし、エポキシパテで埋める。
(2)中心に直径3mmの穴をあける。
(3)直径8mmのドリルで表側を途中まで削る(皿ネジが入る構造にしています)。
パイプ部が二重になっているのは、一回寸法間違えて作っちゃって作り直したためです。
ここまでは地震の前に作業が終わってましたが、その後気分が乗らずに作業を中断。
本日、作業を再開しました。

 
上記の部品を三つ作って、前回作成した部品と合わせると、


<これでどこの部品か分かるかな?>


作成中の部品は赤の楕円の箇所です。
ネジは、実際のネジをプラスからマイナスにする改造をしいています。
棒材に線を入れて埋め込んでも良かったのですが、たまたまいらないネジがあったので。

今回はこんなところで終了!
うーん、それにしても進捗悪いな。。。4月末までには一旦完成させちゃいたいな〜。

ではでは、またね〜。

 
Remember,the Force will be with you…always.

 

コメントの入力欄は、記事のタイトルをクリックするか、記事右上の「No Responses(コメントがある場合、Noの箇所はコメント数)」を押すと、記事の後に現れます。
Name, E-mail, Your Commentを入力願います。入力したE-mailアドレスは当サイトの管理者のみ確認可能です。気軽にコメントお願いします。

 Posted by at 7:56 PM
2月 122011
 

ども。Greedo Killerの進捗状況をアップします。この連休は天気が悪かった事もあり、外出しなかったのでそれなりに作業出来たのですが、色々と失敗したりで後戻りが発生し、結局、今イチの進捗です。

まず、スコープ部分の改造です。


<スコープの改造箇所>

改造箇所は、
(1)プロップには無い溝をエポキシパテで埋めました。
(2)赤線部分の角度をエポキシパテを盛って変更。
(3)長さが足りないので、パイプ部品で延長。
(4)前側のレンズ
(5)1.5mm厚のアルミ板を加工して、マウントレールを作成
です。

 
ちなみに、(4)のレンズは100均で買った懐中電灯のレンズを加工したものです。
普通は、透明プラ板をヒートプレスして作るのでしょうが、こっちの方が楽かな?と。

それらを組み立てるとこんな感じ


<まずは良しとしよう>


マウントの位置は、とりあえず、映画内のグリードを撃つシーンの状態で。
(一旦完成させてから、プロップ写真の位置に変更するか検討します。)
と、スコープ部分は、ある程度形になったので、続きは後回しにして、マウントレールと本体の接続部分の作成に入ります。


<マウントレール接続部品>

作った部品は、
(6)1.5mm厚のアルミ板を加工して作成。
(7)1.5mm厚のプラ板で作成。
(8)1.5mm厚のプラ板を2枚重ねて作成。
(9)2mm厚のプラ板を2枚重ねて作成。
こんな感じ。
これらの部品、写真からは寸法が判断しづらいので、あーでも無いこーでも無いと何度か作り直してます。今も修正を検討中。。。

これらはこんな感じに配置されます。


<どこの部品か分かりますか?>


 
今回はこんなところで終了!
ふーっ、今回の作業でパーツは目処がついた。でも、実は、本体側の加工が結構大変そうなんだよな。。。

ではでは、またね〜。

 
Remember,the Force will be with you…always.

 

コメントの入力欄は、記事のタイトルをクリックするか、記事右上の「No Responses(コメントがある場合、Noの箇所はコメント数)」を押すと、記事の後に現れます。
Name, E-mail, Your Commentを入力願います。入力したE-mailアドレスは当サイトの管理者のみ確認可能です。気軽にコメントお願いします。

 Posted by at 9:35 PM
2月 012011
 

ども。
Greedo Killer、少しだけ進捗したので状況をアップします。

前回紹介したフラッシュハイダー?(銃口)部分の作成の続きです。こうなりました。


<銃口部分の部品>

(1)前回作成した部品を磨いてサーフェイサーを塗りました。
(2)1.5mm厚のアルミ板を12mm×80mmに切って、両端に穴を開け、外径20mmのパイプに合わせてぐにょっと
(3)外径8mmのパイプを6mmにカット
(4)ステンレス製ちょうボルト
です。

 
それらを組み立て、本体に接続するとこんな感じ


<まずは良しとしよう>


 
修正すべき点はありますが、とりあえずOKとします。
今回はこんなところで終了!
塗装は部品が全て出来てからの予定なので、次回は別の箇所の工作を始めます。
それにしても、本当にのんびりって感じですね。。。

ではでは、またね〜。

 
Remember,the Force will be with you…always.

 

コメントの入力欄は、記事のタイトルをクリックするか、記事右上の「No Responses(コメントがある場合、Noの箇所はコメント数)」を押すと、記事の後に現れます。
Name, E-mail, Your Commentを入力願います。入力したE-mailアドレスは当サイトの管理者のみ確認可能です。気軽にコメントお願いします。

 Posted by at 10:22 PM
1月 202011
 

お久しぶりです。
作成中のGreedo Killerですが、少しだけ進捗したので状況をアップします。

工作のモチベーションを上げるため、重要なパーツの作成を開始しました。
フラッシュハイダー?(銃口)部分です。
ネットで調べてみるとプロップは、M3グリースガンのフラッシュハイダー(Flash Suppressor)を使用しているとの事なので、ネットでモデルガン用のパーツを探してみましたが、結構良いお値段なので、自作します。
主な部品はこんな感じ。


<主要部品>

(1)100均で買ったシフォンケーキの型
(2)ABS製のパイプ(直径2.1cm)を2.6cmにカットしたもの
(3)アルミ板
(4)ステンレス製ちょうボルト
です。

 
まず、
(5)シフォンケーキの型の真ん中の部分を外して不要な部分をカット。
(6)ABS製のパイプを丁度良い厚さにするために他のパイプ部品やプラ版で中を埋め、実物に存在する切り込みを入れる。


<大きさバッチリ>


 
続いて、
(5)にエポキシパテとパテを盛って形を整える。→(7)
(6)に別のパイプ部品をつけて、(7)との接続部分を作る。→(8)


<イイ感じ>

とりあえず、今回はこんなところで終了!
なのですが、部品の写真を見てもパッとこない方も多いと思いますので、とりあえず本体に合わせてみた写真も載せておきます(白くて分かりづらいかな)。


<こんな感じになります>


 
ではでは、またね〜。

 
Remember,the Force will be with you…always.

 

コメントの入力欄は、記事のタイトルをクリックするか、記事右上の「No Responses(コメントがある場合、Noの箇所はコメント数)」を押すと、記事の後に現れます。
Name, E-mail, Your Commentを入力願います。入力したE-mailアドレスは当サイトの管理者のみ確認可能です。気軽にコメントお願いします。

 Posted by at 12:05 AM
12月 302010
 

記事の表題変えました。
表題から何を作っているのか分かりにくいと思ったので。
作っているのは、ハン・ソロが使用しているBlasTech DL-44のEPISODE IV版、
所謂Greedo Killerです。
ただ、グリード・キラーと言っても、実際に劇中で使用されたものはプロップ資料の写真とも違っている様です(有名なところでは、スコープの接続部分)。とりあえず、プロップ資料の写真の様な物を目指してみます(テキトー感一杯)。

で、まずは、入手部材をばらして改造を始めました。


<改造開始>

 
(1)スコープの前側をノコギリで切り落とし
(2)スコープの不要な箇所をヤスリで削り落とし
(3)銃口部の照星(前部照準)をホビーノコで切り落とし
(4)不要な出っ張り部をヤスリで削り落とし
(5)ランヤードリング?の向きが違うので切りはずし
(6)グリップの溝の幅が違うのでエポキシパテで埋めた


<改造箇所>


 
とりあえず、今年はこんなところで終了。(先は長いな。。。)
それでは、良いお年を〜。

 
Remember,the Force will be with you…always.

 

コメントの入力欄は、記事のタイトルをクリックするか、記事右上の「No Responses(コメントがある場合、Noの箇所はコメント数)」を押すと、記事の後に現れます。
Name, E-mail, Your Commentを入力願います。入力したE-mailアドレスは当サイトの管理者のみ確認可能です。気軽にコメントお願いします。

 Posted by at 2:13 PM
12月 052010
 

かなり前にヤフオクでこれらをの物を買いました。


<スコープとモーゼルのエアガン>

 
何をするかって?そりゃ、マルシンのモーゼルM712と言ったら、こんな感じでCD等を捨てる前にコナゴナに、


<注:実際はエアガンで割ってません>

 
って、ちがーう!

 
とやってみたかったボケを終わらせて本題。
タイトル通り、ハン・ソロがEPISODE IVで使用していたDL-44を作ろうと思ってます。
過去の記事で、「某武器」と言ってるのはコレでした。
MRから出ているタイプのではなく、下記写真の初期のタイプの物にしようと考えています。


<作成のための資料>

 
今迄、ずっと作ろう作ろうと思っていて放置状態だったので、とりあえずblogで作る事を宣言しておこうかと思い記事にしました。と言っても、他の工作もしながらのんびり作るつもり。春迄に出来たら良いな〜ぐらいに思っています。

 
Remember,the Force will be with you…always.

 

コメントの入力欄は、記事のタイトルをクリックするか、記事右上の「No Responses(コメントがある場合、Noの箇所はコメント数)」を押すと、記事の後に現れます。
Name, E-mail, Your Commentを入力願います。入力したE-mailアドレスは当サイトの管理者のみ確認可能です。気軽にコメントお願いします。

 Posted by at 10:06 PM